2016年2月14日日曜日

OS X : PDFの表示(1)スプリットビューコントローラ

前回のポストでは、PDFDocument と PDFPage を使ってPDFドキュメントを作成するサンプルアプリケーションを作成しました。PDFView を使えば、PDFドキュメントを簡単に表示できます。今回は以下に示すようなサンプルアプリケーション(PDFビューア)を作成します。


上のような、マスター/ディテール構造のアプリはよくある形なので、このシリーズの1回目はスプリットビューコントローラを使って、左にマスタービュー、右にディテールビューを配置するところまでを作成したいと思います。

作業手順:

  1. プロジェクト作成
  2. ロケールの設定
  3. グループの作成
  4. ビューコントローラの削除
  5. スプリットビューコントローラの追加
  6. アプリケーション定義ファイルの作成
  7. コントローラファイルの作成

新規プロジェクトの作成

OS X プロジェクトの新規作成についてはこちらを参照してください


ソース管理で、新規ブランチ(新規プロジェクト)を作成します。
ソース管理ついてはこちらを参照してください

ロケールの設定

info.plist を開いて、ロケールをjapanに設定します。


グループの作成

ナビゲーション・ペインで、ポップアップメニューから New Group を選択して
以下のグループを作成します:
  • Controller
  • Model
  • Repo
  • Util


ビューコントローラの削除

プロジェクト作成で自動生成されたビューコントローラは使わないので削除しておきます。
削除したいファイル、オブジェクトを選択して "DEL"キーを押します。
  • ナビゲーション・ペイン:ViewController.swift ファイルを削除
  • ストーリーボード:ViewController オブジェクトを削除


スプリットビューコントローラの追加

ストーリーボード:
  • オブジェクト・ライブラリから Vertical Split View Controller をキャンバスへドラッグします。
  • 
WindowController オブジェクトを選択して、追加した Split View Controller へ CTRL+ドラッグ
します:
  • 表示されたポップアップで window content を選択します:
  • Window Controller と Split View Controller が接続されます:


アプリケーション定義ファイルの作成

App 下に以下のファイルを作成
します
AppDef.swift (ウィンドウのサイズ、初期位置、タイトルを定義):



コントローラファイルの作成

Controller グループ下に以下のファイルを作成します。
  • WindowController.swift (AppDef のサイズ、位置、タイトルを設定)

  • 
SplitViewController.swift

  • 
プロジェクト作成時に自動生成された ViewController.swift を Controller グループへ移動します。
  • この結果、ナビゲーション・ペインの状態は次のようになります:
  • ストーリーボードでアイデンティ・インスペクターを開いて、

    Window Controller シーンを選択:クラスに WindowController を設定
    
Split View Controller シーンを選択:クラスに SplitViewController を設定
    
 スプリット・ビュー・コントローラの左側の View Controller シーンを選択:クラスに ViewController を設定

  • この時点でストーリーボードの状態は以下のようになります:


ここまでの作業結果を確認するためにアプリケーションを実行します。


ソース管理で、ここまでの状態をコミットします。

0 件のコメント:

コメントを投稿